ホーム > お食事

お食事

7月のお勧め弁当
文月御膳 ※50食限定
3,500円(税抜価格3,241円)
九つの味覚が贅沢な7月限定の「文月御膳」。
江戸時代の再現料理「かんぴょう胡麻和え」(写真右上)など、旬の食材の他、七月昼の部『連獅子』をイメージした、紅白の「お造り(鮪・鯛)」(中央)、「なます」(左上)、外付けの「塩葛饅頭」をご用意。夜の部『駄右衛門花御所異聞』の舞台となった遠州名物「鰻ざく」(右中段)など、演目にふさわしく、彩り美しく仕上げました。
事前予約特典の歌舞伎座オリジナル「メモ帳」付!
幕間(まくあい)のお食事は、昔から歌舞伎観劇の楽しみの一つ。
館内の食堂、折詰弁当や甘味処など、歌舞伎座伝統の味をぜひお楽しみください。

※お食事に関する「良くある質問」をまとめたQ&Aページはこちらをご覧下さい。

場内のお食事処

劇場内のお食事処を利用する

ご利用にあたっては、観劇日2日前までに、事前のご予約をおすすめします。
3階花篭はインターネットからの予約も承っております。
お食事処のご予約方法はこちら。インターネットでのご予約はこちら

お弁当を座席で食べる

幕間の食事はお座席でもお召し上がりいただけます。歌舞伎座では、季節替わりの各種のお弁当をそろえております。 地下2階木挽町広場の「やぐら」、場内では「ドリンクコーナー」でお買い求めいただけます。

桟敷席

1階の桟敷席でしか味わえない、特別なメニューをご用意いたしました。幕間までにお届けいたしますので、そのままお席でゆったりとお召し上がり頂けます。

喫茶・甘味・ドリンク

コーヒーのいい香りが漂う一角が「1階喫茶室檜」。幕間のひとときに本格的なコーヒーとケーキをお楽しみいただけます。待ち合わせにも、ご観劇以外のお客様もどうぞ。
場内1階~3階にある「ドリンクコーナー」。折詰弁当、ペットボトルのお茶・ジュース、温かいコーヒー、スナック菓子・アイス・ビール・スパークリングワインなど、便利にご利用いただけます。

場外のお食事処

「茶屋カレー」や「歌舞伎うどん」などの軽食、甘味メニューを揃えた地下2階木挽町広場「歌舞伎茶屋」。歌舞伎座厨房が、伝統をふまえた新しい味を追求する日本料理の店「ほうおう」。名物の"ざるかき揚げ"をはじめ、伝統の味が人気の「歌舞伎そば」がご利用いただけます。

ページの先頭へ