ホーム > 会社情報 > 株式会社歌舞伎座 > 沿革

沿革

歌舞伎座は昭和20年5月東京大空襲により焼失したが、戦後歌舞伎座復興に際し新たに当社株式会社歌舞伎座が設立されました。
敷地は所有者松竹株式会社より借り受け、劇場は演劇の興行を行う松竹株式会社に、また劇場内の食堂売店等を当社の子会社である歌舞伎座サービス株式会社にそれぞれ賃貸しております。
当社の設立から今日までの経過の概要は以下の通りです。

年表

昭和24年11月 株式会社歌舞伎座設立(資本金1億5千万円)
昭和25年12月 歌舞伎座竣工
昭和26年1月 歌舞伎座を開場
昭和27年7月 東京証券取引所株式上場
昭和29年3月 株式会社歌舞伎座サービス設立
昭和29年8月 株式会社歌舞伎座サービスを歌舞伎座サービス株式会社に社名変更
昭和31年3月 映画製作事業を開始
昭和33年5月 株式会社戎橋劇場(大阪)設立
昭和33年11月 テレビ映画部新設
昭和35年6月 松竹豊橋会館株式会社(愛知)設立
昭和36年3月 株式会社文楽座を吸収合併し、当社大阪営業所となる
昭和38年3月 歌舞伎座サービス株式会社を松竹豊橋会館株式会社が吸収合併し、歌舞伎座事業株式会社(旧・連結子会社)に社名変更(旧松竹豊橋会館株式会社が豊橋営業所となる)
昭和38年8月 文楽座を朝日座と改称
昭和48年10月 表新館竣工
昭和51年8月 歌舞伎会館の大半を取り壊し、歌舞伎座ビル竣工
昭和59年3月 朝日座閉鎖し、譲渡
昭和59年8月 大船に土地購入
昭和60年5月 大船セントラル駐車場オープン
昭和60年8月 テレビ映画の製作を一時的見合わせる
昭和61年2月 大船に土地購入(昭和59年8月付取得した土地の隣接地)
昭和61年3月 株式会社戎橋劇場は同劇場入居先の改築工事の為、賃貸契約を解約し、その後所在地を東京に移転
昭和61年9月 大船セントラル駐車場を一時縮小し総合住宅展示場として賃貸
平成2年9月 東新館ビル竣工
平成8年3月 大船セントラル駐車場を駐車場用地及び映画撮影用のオープンセット用地として賃貸
平成11年11月 大船セントラル駐車場と松竹株式会社所有の松竹ショッピングセンター内三越棟の土地交換を行い、それに伴う建物を取得
平成12年5月 歌舞伎座事業株式会社の豊橋営業所閉鎖
平成12年11月 歌舞伎座事業株式会社の閉鎖した豊橋営業所の土地を譲渡
平成14年2月 歌舞伎座の建物が登録有形文化財となる(平成22年12月登録抹消)
平成17年9月 株式会社戎橋劇場が社名を歌舞伎座サービス株式会社(現・連結子会社)に変更
平成22年4月 劇場建替えのため、4月30日をもって閉場
平成22年5月 劇場歌舞伎座、表新館、東新館及び歌舞伎座ビル取り壊し開始
平成25年2月 第五期歌舞伎座竣工
ページの先頭へ