ホーム > 最新情報 > 月替わり・お勧め

場内 お土産処「木挽町」のおすすめ品

歌舞伎座場内、お土産処「木挽町」。
11月は恒例の「吉例顔見世大歌舞伎」。演目にふさわしい名品を広く揃えました。

昼の部、『お江戸みやげ』より、舞台となる湯島天神の名物、ゆしま花月の「かりんとう単衣」90g 540円。
艶やかで、ガラス細工のように美しい姿が特徴。三度揚げし、飴を絡めることで独自の食感から“東京三大かりんとう”の一つと称されています。


『十六夜清心』からは、鎌倉の長谷に本店を構える、鎌倉まめやの「鎌倉豆づくし」760円。
紫蘇・柚子など5種類が入った「小町豆」、ほろ苦さと香りが人気の「抹茶」、ピーナツとマヨネーズがマッチする「マヨネーズピー」の3袋入り。
鮮やかなパッケージも魅力です。


夜の部、『楼門五三桐』から、京都銘菓「京ばあむサブレ」10枚入 580円。
まるいサブレにまるい箱!
京都宇治「森半」の宇治抹茶と豆乳を使った、さくさくっとした食感がたのしいサブレです。


『隅田川続俤』からは、浅草土産の定番、満願堂の「栗入り芋きん」6個入 970円。
古き良き浅草の味を伝える満願堂。身体に良い「さつまいも」と、山の幸「栗」を使った、懐かしい美味しさ。滑らかな口当たりが魅力。
個装されていて、お土産にも便利です。


※価格はすべて税込です。

ページの先頭へ