ホーム > 最新情報 > 催し物

「第43回 江戸落語を食べる会」(三遊亭兼好)開催のお知らせ

6月の「江戸落語を食べる会」は、初登場の三遊亭兼好師匠。
人気の師匠、記念すべき初高座は『船徳(ふなとく)』。

親元を勘当された若旦那の徳兵衛。居候先の船宿で、船頭を志すも、もともと力のない旦那・・・!聴きどころ・見どころ満載の古典落語の名作です!

『曽根崎心中』の登場人物から“徳兵衛”の名を借りた、歌舞伎とも馴染みのある演目。
もちろん御食事付♪
歌舞伎座で笑いと食事を満喫してみてはいかがでしょうか?

■出演
【初代 三遊亭兼好(さんゆうてい けんこう)】
平成10年10月 三遊亭好楽に入門 前座名「好作」
平成20年9月 真打昇進 初代「三遊亭兼好」を襲名


■演題
『船徳』他一席

■料理
「幕の内弁当」

■日時
平成30年6月27日(水)開場18時/開演18時30分

■場所
歌舞伎座3階『お食事処 花篭』
東銀座駅(日比谷線・浅草線)
周辺案内図
※当日は歌舞伎座正面玄関からの入場はできません。GINZA KABUKIZA地下2階木挽町広場セブン-イレブン前の通路突き当たりのエレベーターより3階までお越し下さい。
また、歌舞伎座タワー入口からもご利用いただけます。(昭和通り側の赤色のエレベーターです)


■会費
7,000円 (落語2席・食事・お土産・税サービス料込)

■主催
歌舞伎座サービス株式会社

■落語会のお問い合せ・申込
オフィス マツバ内事務局
050-3497-5500
rakugoyoyaku@yahoo.co.jp
イープラス

ページの先頭へ