ホーム > 最新情報 > 催し物

「第42回 江戸落語を食べる会」(古今亭文菊)のお知らせ

5月の「江戸落語を食べる会」は古今亭文菊による『明烏』をお届けします。
堅物すぎる若旦那を心配する父親が、町内の遊び人に頼み込みますが・・・

噺の下敷きとなった新内節「明烏夢泡雪」は、歌舞伎座で上演されたこともある名曲。
大真打がトリで演じる大ネタと言われる『明烏』、文菊師匠の卓抜した技量を存分にお楽しみいただけます。毎回ご好評「歌舞伎座厨房特製」のお食事付♪
ご予約はお早めにどうぞ。

※文菊出演の第三十二回、「第70回文化庁芸術祭優秀賞受賞記念 古今亭文菊独演会」の様子もご覧ください。(クリックでご覧いただけます)。

■出演
【古今亭文菊】
平成14年11月古今亭圓菊に入門
平成15年1月前座となる 前座名「菊六」
平成18年5月二ツ目昇進
平成24年9月真打昇進 古今亭文菊を襲名
NHK新人演芸大賞などの賞を受賞。実力を認められ、28人抜きで真打昇進。芝居噺の團十郎丈の声色も、一級。これからの活躍が大いに期待される噺家。

■演題
『明烏』 他一席

■日時
平成30年5月29日(火)開場18時/開演18時30分

■場所
歌舞伎座3階『お食事処 花篭』
東銀座駅(日比谷線・浅草線)
周辺案内図
※当日は歌舞伎座正面玄関からの入場はできません。GINZA KABUKIZA地下2階木挽町広場セブン-イレブン前の通路突き当たりのエレベーターより3階までお越し下さい。
また、歌舞伎座タワー入口からもご利用いただけます。(昭和通り側の赤色のエレベーターです)


■会費
7,000円 (落語2席・食事・お土産・税サービス料込)

■主催
歌舞伎座サービス株式会社

■落語会のお問い合せ・申込
オフィス マツバ内事務局
050-3497-5500
rakugoyoyaku@yahoo.co.jp
イープラス

ページの先頭へ