ホーム > 最新情報 > 催し物

8/19開催 歌舞伎座 花篭で学ぶ『江戸食文化紀行』
【おいしい江戸料理】のお知らせ

平成25年12月、ユネスコ無形文化遺産に登録され、海外でも人気の「和食」。
四季が明確な日本には、多様で豊かな自然があり、食文化もまたそこで育まれてきました。
江戸時代には、多くの「料理書」や「菓子書」また、「お店の番付」なども登場するなど、庶民が“グルメ”を楽しむ文化も築かれました。

今回、歌舞伎座3階お食事処「花篭」にて、江戸の“食”に注目したイベントを開催!
庶民の食生活に注目し、有名な江戸時代の料理本「豆腐百珍」などから選りすぐりの料理を、講師の江原絢子先生の指導のもと歌舞伎座厨房が再現。
江戸時代の再現料理を味わえる貴重な機会です。
3部制の「八月納涼歌舞伎」の観劇と一緒に、江戸の食を堪能してみませんか♪

限定100名のイベント、ご予約はお早めに。


■講師
江原絢子 先生
島根県生まれ。お茶の水女子大学家政学部食物学科卒業。博士(教育学・名古屋大学)。東京家政学院大学教授を経て、現在、同大学名誉教授・客員教授。一般社団法人和食文化国民会議代表理事・会長代行。
専門は、食文化史・食教育史・調理学。主な著書は、『家庭料理の近代』(単著)、『日本の食文化』、『和食と食育』(編著)、『おいしい江戸ごはん』『和食とは何か』、『日本食物史』、『近代料理書の世界集成』(共著)、『日本の食文化史年表』(共編)、など。

■日時
8月19日(土)
受付:14時30分
講演:15時~/お食事:16時~

■会費
お一人様 3,800円(税込)

■募集人数
100名

■会場
歌舞伎座3階『お食事処 花篭』
東銀座駅(日比谷線・浅草線)
周辺案内図
※当日は歌舞伎座正面玄関からの入場はできません。GINZA KABUKIZA地下2階木挽町広場セブン-イレブン前の通路突き当たりのエレベーターより3階までお越し下さい。
また、歌舞伎座タワー入口からもご利用いただけます。(昭和通り側の赤色のエレベーターです)


■お申込み・お問い合わせ
歌舞伎座サービス株式会社 担当:西村・高野
電話:03-3545-6820(受付時間 午前10時~午後5時)
FAX:03-3545-6559
※FAXでの申込みはこちらの用紙をご利用ください。

ページの先頭へ